Planet Squeak jp

blogs about Squeak, Pharo, Croquet and family
planet squeak - planet squeak es - planet squeak jp - planet croquet - planet squeak code - planet smalltalk

May 12, 2016

Yoshiki Ohshima

[仕事] 転職しました

https://blog.ycombinator.com/harc 諸般の事情により所属先が変わりました。といっても過去にあった所属先変更と同様に、同じグループで、同様のビジョンに基づいた研究・開発をしています。 新しい職場はY Combinator Researchというところで、グループの名前は HARC ”Human Advancement Research Community”ということになっています。象徴的ボスはAlan Kayです。彼もまだまだ元気です。 YCRができたきっかけは、Sam ...

by squeaker at May 12, 2016 12:00 AM

February 18, 2016

Yoshiki Ohshima

[講演] Robert A. Bjork

BjorkさんというUCLA心理学の教授が、UCLAで一番頑張っている教授に任される”UCLA Faculty Research Lecture”をするというので、ちょっともぐりこんで聴講してきました。どういうスケジュールで学習をし、学習後の試験がどのくらい間をおいて行われるかによりどのような結果がでるか、ということをみっちりと研究してきた人です。(参考: http://bjorklab.psych.ucla.edu/research.html) 例えば、”massed learning”という、同じ ...

by squeaker at February 18, 2016 12:00 AM

February 09, 2016

Yoshiki Ohshima

[仕事] Edward Tufte セミナー

視覚化やプレゼンテーションに関するアイディアや著書で有名なEdward Tufteは、1日セミナーを全国で開催しているのですが、今回は近場で開かれるということで参加してきました。立派なホテルのホールに200人くらい受講者が来ているのでなかなかのものです。最初の1時間は彼の著書を読むという時間に充てられています。(が、Tufteがその間に歩き回って本にサインをしてくれます(頼まなくてもしてくれたりします)。同僚の意見によれば、講演後に後でサインを求める人の列ができるよりも時間短縮になるのでは、ということ ...

by squeaker at February 09, 2016 12:00 AM

January 26, 2016

Yoshiki Ohshima

[Person] Marvin Minsky (1927-2016)

I once had a short chat with Marvin. At our Glendale office several years ago, he was taking a break from his meeting and ventured into our office area. I was playing with a puzzle (see pictures above) and told him that there are to solutions for this p ...

by squeaker at January 26, 2016 12:00 AM

[その他] Marvin Minsky (1927-2016)

Marvinがとあるミーティングに参加するためにApplied Mindsのオフィスに来ていて、休憩を取るためにViewpointsのエリアでちょっと時間をつぶしていたことがあります。私はごく簡単な知恵の輪で遊んでいたのですが、実はそのパズルにはふた通りの解があるということに気がついて(写真のように、頭が同じほうを向いている場合と反対を向いている場合)、Marvinにそれを見せつつ、「このパズルにはふた通りのやりかたがあるんだよね。上向きと下向きで電子のスピンみたい」と言ってみたのです。 すると彼 ...

by squeaker at January 26, 2016 12:00 AM

October 30, 2015

Yoshiki Ohshima

[その他] 古いビデオ

以前からVPRIにある千本くらいのビデオをデジタイズしています。中にはいろいろ面白いものもあります。 例えば、Stanford AI Labが67年に作ったこのビデオ。プロデューサーにはJohn McCarthyとGary Feldmanの名が上がっています。 話によれば当時は研究成果が出て予算が余ったらコメディービデオを作っても良かったという良い時代で、このビデオもインタラクティブデバッガーをロマンスがらみで紹介しています。Brian HarveyによればStanfordでももうテープが失われて ...

by squeaker at October 30, 2015 12:00 AM

October 26, 2015

Yoshiki Ohshima

[その他] 近況

ほとんど内輪の集まりという感じのBlocks and Beyond Workshopで”work in progress”のものを発表しました。 http://www.vpri.org/pdf/tr2015003_modsys.pdf 他の発表者が「どうやって初学者をブロック言語からテキストベースの言語に移行させるか」というような話をしている中で、「未来のブロック言語なら自分自身を編集できるようになって当然だろう」というテーマの話なのである意味浮いていたかもしれませんが、まあいずれ歴史が証明してくれて ...

by squeaker at October 26, 2015 12:00 AM

May 02, 2015

Yoshiki Ohshima

[本] 最近読んだ本

なぜかSFが多かったです。 The Swarm: The Swarm: A Novel 作者: Frank Schatzing 出版社/メーカー: William Morrow 発売日: 2006/05/23 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る 文明崩壊もので、深海に哺乳類以前から住んでいた生物が人類を狙って蜂起するという話です。充実のリサーチに基づいている、ということもあるのでしょうがなにしろ長い。テクニカルな話だけではなくロシア文学のように、登場人物の内省が延々と ...

by squeaker at May 02, 2015 12:00 AM

March 23, 2015

Yoshiki Ohshima

[その他] 中島みゆき

子供達が日常触れる日本語の歌は、童謡か中島みゆき、ということになっています。私がみゆきばっかり車中で聞いているものですので。 というわけで、彼らもお気に入りの歌があるわけなのですが、その理由が私とはだいぶん違うということに気がついてきました。以下は彼らの人気ランキングとその理由(推定)です。 No. 5 真っ直ぐな線。真っ直ぐな線やまんまるの円を描くのは難しいから。 No. 4 本日、未熟者。自分たちも未熟者だと認識しているからか? No. 3 パラダイスカフェ。「テーブルの向こうに見る甘い ...

by squeaker at March 23, 2015 12:00 AM

January 27, 2015

Yoshiki Ohshima

[仕事] プロファイラのバグ

なんだってー!! http://lists.squeakfoundation.org/pipermail/squeak-dev/2015-January/181556.html 前のプロジェクトでSqueakを使っていた頃は結構QSystemProfiler(改名されてAndreasSystemProfierとなった)の結果を当てにしていたのですが、まさか抜けがあったとは。バグ逃げされたー。

by squeaker at January 27, 2015 12:00 AM

January 21, 2015

Yoshiki Ohshima

[その他] UCLAのクラス

https://ccle.ucla.edu/course/view/15W-COMSCIC137A-1 というクラスが進んでいます。ページにはToddの名前しかないようですが、実はAlexとAlanも共同で教えるというクラスになっています。主眼は、将来のプログラミング言語デザイナーのために、実際に素早く言語を作ってみるという経験をすることによって、自分のツールを変更、改良することを恐れずにできるようになってもらうというコースで、10週間のコースのうちに関数型、論理型、オブジェクト指向という3種類の言語 ...

by squeaker at January 21, 2015 12:00 AM

January 05, 2015

Yoshiki Ohshima

[その他] ”Super Searching the Web” (1997)

というタイトルのビデオで紹介されていたサーチエンジン。 http://home.netscape.com/escapes/search/ http://www.classroom.net/classroom/search.html http://www.webplaces.com http://www.hotbot.com http://www.altavista.digital.com http://www.webcrawler.com http://index.opentext.com http ...

by squeaker at January 05, 2015 12:00 AM

January 04, 2015

Yoshiki Ohshima

[Other] Convert an output file from EyeTV to upload to YouTube

I’ve been digitizing some analog tapes with EyeTV on Mac. When I try to upload a resulting file, occasionally uploading stops at ”95% processing”. My solution is to convert the file with VLC. The script I came up with is: /Applications/VLC.app/Contents ...

by squeaker at January 04, 2015 12:00 AM

[その他] EyeTVの出力結果をYouTube用に変換

EyeTVでビデオテープからデジタイズしたものをYoutubeにアップロードしていると、時々「処理中 95%」という表示が出たまま止まってしまうことがあります。これはYoutubeフォーラムにも、私も含めて時々報告されていたりするのですが、なぜか解決できていないようです。MacのQuickTimeでは再生できるのに。 私の解決法は、VLCを使って以下のようなパラメータでエンコードしなおすというものです。 /Applications/VLC.app/Contents/MacOS/VLC -I rc i ...

by squeaker at January 04, 2015 12:00 AM

January 03, 2015

Yoshiki Ohshima

[休暇] ツーソン

Tucson(なんで「つーそん」なのだ?)に一週間ほど行ってきました。2012年のSPLASHが行われた所だったのですが、いろいろなアトラクションに感心したので、暇ができたら子供連れで行ってやろうと思っていたのでした。メトロポリタンエリア総計でもおよそ100万人程度の人口のようですが、その割にはかなり毛色の変わったものがいろいろとあるという印象です。 今回は国立公園もばっちりと歩き、Desert Museumにも行き、ストリートカーにも乗ってダウンタウン気分を味わい、Biosphere 2も再訪したわ ...

by squeaker at January 03, 2015 12:00 AM

November 28, 2014

Yoshiki Ohshima

[その他] 充電

仕事の方は某言語の為にベクターグラフィックスバインディングを書くという十年一日のような作業をしていてちょっと盛り上がらないのですが、今はThanksgiving休暇中ということで余裕もあったので、初めて「出先で充電を確実にしない限り帰投できない」というドライブに出てみました。 PlugShareをはじめとする種々のモバイルアプリによって充電器の所在は確認でき、またそれらが使用中かどうかもわかる、はずなのですが、それでもかなりの不確定要素が状況を左右する世界でした。一番の問題は”ICE’ed”と呼ばれる ...

by squeaker at November 28, 2014 12:00 AM

November 10, 2014

Yoshiki Ohshima

[本] 最近読んだ本と最近買ったもの

My Years with Xerox: The billions Nobody Wanted Alanが以前に行った講演の中で勧めていた”My Years with Xerox: The billions Nobody Wanted”という本です。これは1900年代から40年代、50年代、60年代にXerox (と前身のHaloidという会社)がいかに奇跡的な急成長をして、またいかに素晴らしい企業風土を持っているか、ということを、Haloid時代からずっとR&Dの重役だったJohn H. Dessa ...

by squeaker at November 10, 2014 12:00 AM

August 25, 2014

Yoshiki Ohshima

[仕事] ESUG 2014とロンドン観劇

European Smalltalk Users Group Conference に10年ぶりに参加してきました。フレンドリーで、かつ激しい議論を戦わせるだけでの共通認識があるので、楽しい会議である事には違いないです。新しいVMがぽろぽろ出てきていたり、ベンダーも多数来てプロダクトのアップデートをしたり、学生達が発表したりと活気もあります。 帰り道ロンドンで一晩空きがあったので、Gielgud Theatreでやっていた”The Curious Incident of the Dog in the ...

by squeaker at August 25, 2014 12:00 AM

August 14, 2014

Yoshiki Ohshima

[仕事] 最近読んだもの

”A 15 Year Perspective on Automatic Programming” by Robert Balzer http://www.cs.utexas.edu/~idbaxter/cs395T/papers/Balzer85AutomatedProgramming_01701945.pdf Robert (Bob) Balzerは”history-playback debugger”とか”Dataless Programming”とかに関する先駆的で興味深いアイディアを多数打ち出 ...

by squeaker at August 14, 2014 12:00 AM

August 08, 2014

Yoshiki Ohshima

[仕事] Scratch@MIT

4年ぶりにScratch@MITに参加しています。以前ののんびりした感じよりも、大人がまじめな事をしている集まりの用でもありますが、それぞれの人は本当に元気で面白い事を考えているので、素晴らしいです。 日記を検索したら、私が書いたScratchに関する最初のエントリは2004年4月でした。時は流れます。 http://d.hatena.ne.jp/squeaker/20040417#p1

by squeaker at August 08, 2014 12:00 AM

July 24, 2014

Yoshiki Ohshima

[仕事?] J言語をOMeta2/Squeakで作る

APLの集まりに参加した関係上、私も処理系の1つぐらいは作らなくてはな、ということで雑用に追われる中(実は転職しました)ちょっと作ってみました。 実装の都合上、シンボルはAPLのシンボルではなく、ASCIIベースでやっているJ言語のものを使っています。 実装に使う言語はOMeta2/Squeakで、パーザーとインタープリターをそれぞれ別のクラスとします。あ、ちなみに世界に蓄積された「効率の良いAPL処理系を作る」ためのノウハウ(http://www.slac.stanford.edu/pubs/sla ...

by squeaker at July 24, 2014 12:00 AM

July 14, 2014

Yoshiki Ohshima

[仕事] 出張

2週間にわたってドイツとイギリスに出張してきました。ドイツはStuttgartとTübingenに近いGäufeldenという街というか村で、共同開発者とハイキングをしながら設計会議をみっちりと。イギリスの方はAPL系配列言語の開発者達が密かに集まってこれまたみっちりとAPLについて語ったり実装をしたりするというCambridgeのTrinity HallでもたれたIverson Collegeなる集まりでした。 Iverson Collegeのほうはさすがにとっても濃い感 ...

by squeaker at July 14, 2014 12:00 AM

April 25, 2014

Yoshiki Ohshima

[仕事] The Future of Programming Workshop

http://www.future-programming.org/call.html です。最近はときどきいろいろなプログラム委員になっている気がしますが、これは結構楽しみです。 ”Communications Design Group SAP Labs”というのはAlan Kayが音頭取りをして新たに設立した研究グループです。Viewpointsそのものもほぼ飲み込まれた、というかCDGがViewpointsの拡張というか、事実上一体化して活動しています。いろいろと有名な人が入っているのでこれか ...

by squeaker at April 25, 2014 12:00 AM

March 27, 2014

Yoshiki Ohshima

[その他] 2048リモートコントローラー

2048ゲームがちょっと流行ったところで、 http://gabrielecirulli.github.io/2048/ 今更ながらソルバーを作ったりするのも芸がないので、オリジナルのサイトのコンテンツをよそからリモートコントロールできるようにしてみました。 http://lively-web.org/users/ohshima/lively-2-webpage.html を開け、Generate connect codeのボタンを押した後でdrag this to your bookmark bar ...

by squeaker at March 27, 2014 12:00 AM

February 12, 2014

Yoshiki Ohshima

[その他] プレゼン心得

日本ではそういう時期なのですね。 http://keigomi29.hatenablog.com/entry/2014/02/11/140251 とか、基本線として分かりやすいです。 まず「訊かれたことに答える」ことです。 そんなんあたりまえやろ、と思うでしょ。それが全然当たり前じゃないんですよ。みんな普通に訊かれたことじゃないこと答えてます。まじで。何が、で訊かれたら「何」を答えましょう。「〜なのか」と訊かれたら答えはYesかNoです。 のあたり、日本の人が英語で発表しているときにも悪い例を良 ...

by squeaker at February 12, 2014 12:00 AM

February 11, 2014

Yoshiki Ohshima

[その他] runaway distnoted process

まさかEmacsにバグがあるとは。 http://apple.stackexchange.com/questions/111197/runaway-distnoted-process

by squeaker at February 11, 2014 12:00 AM

December 12, 2013

Yoshiki Ohshima

[その他] Robot Turtles

Kickstarterに出資したBertに送ってもらいました。 http://www.robotturtles.com/ コンセプトとしては阿部さん他の「にんげんプログラミングhttp://www.canvas.ws/kenkyujo/scratch/index.html」のようなものですが、きれいにパッケージして製品化しているところがすごいです。ルールはあってもないようなもので、子供と一緒にルールを作りながら遊べます。なかなかよし。

by squeaker at December 12, 2013 12:00 AM

December 03, 2013

Yoshiki Ohshima

[仕事] Emina Torlak来訪

Eminaさんは、KodkodというSATソルバーを作ったり、ソルバーを使ったDSLを作るためのフレームワークRosetteというものを作ったりししている研究者の人です。Onward 2013!で発表が前後したりした関係で(同僚のHesamは前からDagstuhlセミナーに一緒に参加したりしていたので既知でしたし)、Viewpointsに一度来て話をしてもらうということになりました。 Alanの斜め上からの質問にも動じずに、かつ分からないことは分からない、ということもはっきりと言える落ち着いた人でした ...

by squeaker at December 03, 2013 12:00 AM

November 30, 2013

Yoshiki Ohshima

[その他] どきどきプログラミング

こんなものがでるとは。 http://www.amazon.co.jp/dp/4822297314/ref=cm_sw_r_tw_dp_eEpMsb12D4SRP 「わくわくプログラミング」に載っているエッセイを以下のサイトに載せるときに、本の説明のために書名を英語に訳してくれないか、と命令を受けたのですが、 http://www.vpri.org/pdf/hc_what_Is_a_dynabook.pdf 「いやいや、私ごときのものが訳すのは難しいです」と答えて、結局は訳さず内容の説明をするにとどめ ...

by squeaker at November 30, 2013 12:00 AM

November 25, 2013

Yoshiki Ohshima

[仕事] Cyc

先週は1週間まるまるAustinにあるCycorpに缶詰になり、みっちりとCycについて勉強していました。 Cycというのは大きな知識ベースとその推論システムの名前です。もともとは日本の第5世代コンピューティングプロジェクトに脅威を覚えたアメリカが、対抗するプロジェクトとしてMCCという組織を立ち上げて、知識ベースをを作って行こうということではじまったプロジェクトでした。第五世代の人々とも交流が多々あったようです。その後は会社組織となり、山あり谷ありながら30年の時間をかけてみっちりと知識やルールを積 ...

by squeaker at November 25, 2013 12:00 AM